裁判所からの支払督促、そのときとった対応

裁判所からの支払督促、そのときとった対応

30代男性

 

自宅のポストに裁判所からの封筒が届いたとき
「ついにここまで来てしまった・・・」
と思いました。

 

封を開けると、支払督促について書かれた紙が入っていました。

 

正直、払えないからそのまま破いて捨ててしまいたい心持ちでしたが、ここで払わなかったら不動産差し押さえの可能性が大です。
そうなってしまい、さすがに寝床は失いたくなかったので、身内や知人をあてにするか、分割払いで借り入れできるカードがあればそうするか、司法書士に相談するか、という方法が思い浮かびました。

 

私はまず分割払いで借り入れできるカードを使って、その支払督促の分をすべてカバーすることにしました。
そして新たに借金を作ることになったのですが、それは少しずつ毎月返済していくことにしました。
支払督促がひとつ終わっても、まだ次の支払督促になりかねないので、期限までに借金を払い終えることが大切です。

 

が、しかし借金返済が行き詰まり、こうした問題に詳しい弁護士へ依頼することにしました。
以降は専門家に全部委ねていますが、弁護士事務所では何度も相談をして進捗に応じて状況確認の打ち合わせがありました。
債務整理という手段を聞いたことがありますが、こうした法制度の解決をせざるをえない状態でした。

 

⇒ 支払督促や債務処理に強い弁護士事務所ランキングはこちら